検索


商品一覧
検索
同梱OK

カゴの中

商品数:0点 /0円

カゴの中を見る


ログイン
  • テクニカルについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

2017 年 12 月の営業日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018 年 1 月の営業日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
※定休日
・土曜、日曜、祝祭日

自転車 フロントデュレーラー 調整



フロントデュレーラーの調整方法

まずは各部の名称です。

▼チェーンリング
①インナーギア(小:低速)
②ミドルギア(中:中速)※ロードバイクにはミドルは基本的にはありません。
③アウターギア(大:高速)

▼フロントデュレーラー
④アジャストボルト(H表記=アウター調整ネジ、L表記=インナー調整ネジ)
⑤ガイドプレート

今回は、マウンテンバイクをモデルに調整しますが、

ロードバイクも同様の方法で行います。

また、ミドルギアが無い分、ロードのほうが調整が簡単です。





▼フロントデュレーラー調整前の条件【その一】
①チェーンリング(ペダル側のギア)がインナー(一番小さなギア)に入っている
②スプロケット(後輪側のギア)がロー、(一番大きなギアに入っている)

つまり、一番軽い状態にします。





この時点でペダルを回して、

ガイドプレートにチェーンが当たって「カラカラ」と音がしたり、

逆に、チェーンがガイドプレートから離れている場合は、

画像の矢印部分にある【L】表記のあるネジを回して調節します。

一般的には、

チェーンとガイドプレート内側との距離は、0mm~0.5mmが良いとされています。





次に、アウター(外)側の調整をします。

▼フロントデュレーラー調整前の条件【その二】
①チェーンリング(ペダル側のギア)がアウター(一番大きなギア)に入っている
②スプロケット(後輪側のギア)がハイ、(一番小さなギアに入っている)

つまり、一番重い状態にします。


今度は、矢印の「H」表記側のネジを回して調節します。

こちらも一般的には、

チェーンとガイドプレート外側との距離は、0mm~0.5mmが良いとされています。

上の写真では、3mmほど空いてしまっているので調節が必要です。

ロードバイクの場合は、ここまでで終了になります。





最後に、ミドルでの調整です。

▼フロントデュレーラー調整前の条件【その三】
①チェーンリング(ペダル側のギア)がミドル(真ん中のギア)に入っている
②スプロケット(後輪側のギア)がロー、(一番大きなギアに入っている)

一般的には、

チェーンとガイドプレート内側との距離は、0mm~0.5mmが良いとされています。

調節方法は、下記です。





シフター側、矢印の部分を回して調節します。

最後に、

一通りのシフトチェンジをしてみて、気になるところがあれば微妙に調整して煮詰めていきます。


これで、フロントデュレーラーの調整は完了です。

ロードバイクも、同様の調整方法ですが、ミドルギアが無い分、クロス/MTBに比べ簡単になります。

自転車の組立方法一覧へ戻る

このページのTOPへ

カー&バイク用品通販 テクニカル
運営会社:有限会社テクニカル
お問合せ:official@technical-inc.net
定 休 日:日曜、祝祭日 営業時間:10:00~18:00
| テクニカル | 携帯版テクニカル | リンク | シーカヤック販売 |