検索


商品一覧
検索
同梱OK

カゴの中

商品数:0点 /0円

カゴの中を見る


ログイン
  • テクニカルについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

2017 年 3 月の営業日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2017 年 4 月の営業日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
※定休日
・土曜、日曜、祝祭日

自転車 Vブレーキ 取付 調整



こちらの写真が、出荷時のフロントVブレーキの状態です。

リアは出荷時に組付け完了しています。





付属のブレーキパーツです。

リアブレーキを参考にすると分かりやすいと思います。





部品をワイヤーに通します。

矢印の部分をしっかりと入れておかないと、後でテンションをかけたときに形が潰れてしまいます。





ワイヤーは、矢印のところにガイドの溝がありますので、それに沿って通します。





写真のように、手で挟み込んでブレーキをかけた状態にします。

その状態で、ワイヤーを固定します。





ブレーキが効いた状態ですが、ここでブレーキレバーを強めに握って、さらにテンションをかけます。

新品ワイヤーですので、これでほどよくワイヤーが伸びて調子がでます。




ここまでで、まだブレーキシューがリムから離れていなければ、

矢印の部分を回して調節します。

左右の空間が、各1.5mm~2mm、合計で3mm~4mm開いていると理想的です。





左右のブレーキシューのバランスが悪い場合は、調節ネジをプラスドライバーで回して調節します。

Vブレーキは、

左右のバネが張り合って位置を決定していますので、

【右側を締めたら左側は緩める】または、【左側を締めたら右側は緩める】

この作業を少しずつ行いセンターを出していきます。





センターが出たら、次はブレーキシューの調整です。

赤ラインの部分が最低2mm程度空くようにブレーキシューを合わせます。

このタイプは、リムの真ん中に黒のセンターラインが入っていますので、

そこで合わせると良いと思います。




次に、ブレーキをかけた時にブレーキ音「キキキーー」としないように調整します。

用意するものは、コピー用紙を1枚です。

新聞や雑誌でもかまいませんが、厚さ1mm程度にします。





ブレーキシューの後ろ半分に挟み込みます。

この状態で、片手でブレーキレバーを握ってから、

ブレーキシューの位置を決めて、ブレーキレバーを握ったままアーレンキーで固定します。





写真の赤マークのように、微かに角度をつけることで、ブレーキの鳴きを抑えることが出来ます。

リアブレーキも同様に調節してください。

自転車の組立方法一覧へ戻る

このページのTOPへ

カー&バイク用品通販 テクニカル
運営会社:有限会社テクニカル
お問合せ:official@technical-inc.net
定 休 日:日曜、祝祭日 営業時間:10:00~18:00
| テクニカル | 携帯版テクニカル | リンク | シーカヤック販売 |